Generic selectors
完全一致のみ
タイトルで検索
説明で探す
カテゴリーで絞り込む
スポーツ
テクノロジー
ブログ
健康
学び・仕事
恋愛
美容・ファッション
食べ物

加工食品を避け空腹ホルモン「グレリン」をコントロールする方法

私たちの体の中で、最も不思議な仕組みは「空腹感」です。私たちの体には、「食べたい」という気持ちと、「お腹いっぱい」という気持ちを表すさまざまな器官が備わっています。飢餓ホルモン「グレリン」をコントロールする方法をご紹介します。

飢餓ホルモンとその働きについて

空腹感を表すホルモンとしては、グレリンとレプチンの2つがよく知られています。グレリンは胃の中で生成され、体内の食物や糖分の貯蔵量が少なくなったので、貯蔵量を補充するために食物を探して食べる必要があるという信号を脳に送ります。グレリンの濃度が高いと、常に空腹を感じる傾向があり、レプチンホルモンの分泌が抑制されると、空腹感が続くことになります。

レプチンは満腹ホルモンであり、脳に「もうお腹いっぱい」という信号を送ります。レプチンとグレリンは通常、一体となって働き、バランスを保っています。グレリンはエネルギーを補給する必要があるときにのみ上昇し、レプチンは体内に十分な食べ物があるときに信号を送ります。

グレリンの働きとは?

食欲をそそる。
脂肪を蓄える力を高める
心血管系を保護する
インスリンの分泌を管理する
骨の配列を管理する。

空腹ホルモン「グレリン」をコントロールする方法

空腹ホルモンであるグレリンをコントロールする方法を知りたい方は、以下の簡単な方法を参考にしてください。

夕方頃に十分な休息をとることは、ストレス解消、健康増進、美肌など、あらゆる面で重要な意味を持ちます。体が十分に休むとリセットされ、化学物質も同じようにリセットされるのです。

ストレスを減らす

言うは易く行うは難し、ストレスはさらに体重減少に重要な役割を果たします。プレッシャーに負けてしまうと、体に大きなダメージを与えてしまいます。このような場合には、グレリンはストレスに対処するための圧力手段となるため、不安感が増大し、グレリンが増加します。

たんぱく質の多い朝食をとる

たんぱく質はグレリンを抑える働きがあり、たんぱく質の多い朝食をとって一日を始めると、一日が進むにつれて満腹感が得られ、グレリンの分泌量が増えるのを防ぐことができます。

食物繊維とたんぱく質を多く摂る – 食物繊維の多い夕食は、食物が腸内を通過するのをスムーズにし、食欲を抑えるのに役立ちます。食物繊維はグリセミックレコードが低いため、インスリンの分泌量が増えず、カロリーが脂肪として体内に蓄積される可能性も低くなります。

野菜や天然物の摂取量を増やす

1食あたり5g以上の食物繊維を含む全粒穀物をより多く食べる。
豆類、ナッツ類、種子類など、食物繊維の多い食材を積極的に摂る。
限られた量の生姜は、消化を促進し、熱を発生させるだけでなく、グレリンを抑制する効果もあります。
精製された砂糖を粗製甘露煮で補うと、食欲を抑えることができます。

パッケージされたジュースや炭酸飲料、有機栽培の缶詰などには、高果糖コーンシロップが含まれていることがあり、これがインスリンやグレリンのレベルを低下させる可能性があるので、注意が必要です。同梱されている食品を購入する際は、名前をよく確認しましょう。

ポーションコントロール

ポーションコントロールは、細くなるためだけでなく、理想的な健康状態を維持し、2型糖尿病、脳卒中、冠動脈疾患などの病気を防ぐためにも、基本的な視点です。

薬を調査する

ほとんどの憧れの化学物質を指示する薬は、まだ調査の段階です。これは、食品が同化作用の間に胃から出るのに時間がかかることを意味し、より多くの満腹感をもたらす。この処方箋を安全に使用することを支持していますが、どのような場合でも食べ物を優先した戦略を取ることが最善であることを思い出してください。

水を飲む

水を多く飲むことは、体重減少を助けるための堅実で実践的なアプローチです。このシステムでは、専門家は毎夕食の30分前に500mlの普通の水を食べるように処方します。

コメント

タイトルとURLをコピーしました