Generic selectors
完全一致のみ
タイトルで検索
説明で探す
カテゴリーで絞り込む
スポーツ
テクノロジー
ブログ
健康
学び・仕事
恋愛
美容・ファッション
食べ物

家庭で最高においしいコーヒーを作るための専門家による6つのプロ秘訣!

お気に入りのカフェに行って、湯気の立つカップに入ったコーヒーを飲むことほど楽しいことはありません。しかし、住んでいる地域によっては1杯のコーヒーが500円もするため、自宅でコーヒーを飲むことは最も簡単な節約方法の1つと言えます。

珍しい豆を買って、自宅でカップに注ぎ足したりプレスしたりして淹れるのが特徴です。

完璧なコーヒーを飲むための秘訣

ティーンエイジャーからリタイアした人まで、あらゆる年齢層のコーヒー愛飲家は、この飲料に対して飽くなき探究心を持っています。私たちが消費するコーヒーの半分以上は、現在グルメとして分類されており、私たちの多くが高品質のコーヒーを好む傾向にあることを示しています。これは、私たちの多くが高品質のコーヒーを好むようになっていることを示しています。これは、ますます人気のある味覚です。

コーヒーにはさまざまな方法があります。その方法も人によって様々です。誰にでも好みのコーヒーの淹れ方があります。ここでは、家庭で最高のコーヒーを淹れるための、プロの6つの秘訣をご紹介します。

1. 新鮮な豆のままのコーヒーを買う

消費者調査によると、最も優れたコーヒーカップは、新鮮なコーヒー豆から始まります。地元のコーヒーショップは、新鮮なコーヒーを探すのに最適な場所です。その場で焙煎してくれるお店もあれば、その地域の小規模な焙煎業者から仕入れているお店もあり、より新鮮なコーヒーが味わえます。

挽きたてのコーヒーを袋で買うのではなく、新鮮な豆を丸ごと買ってください。挽きたての豆を購入するのではなく、新鮮な豆を購入しましょう。一杯のコーヒーは、その豆があってこそのものだからです。

2. 自分のコーヒーを知る

自分が飲んでいるコーヒーがどこから来ているのかを知ることは非常に重要です。コーヒーの酸味、力強さ、風味などは、コーヒーが栽培された場所によって影響を受けます。アフリカ産のコーヒー豆は黒くて酸味が強いものが多いです。

南米のコーヒー豆は酸味が少なく、ミディアムローストです。グアテマラは、どのような種類のコーヒーを使用するかわからない場合に、醸造を開始するための素晴らしいスポットです。グアテマラのコーヒーは中央アメリカで栽培されており、複雑な味わいでありながら、バランスのとれた風味とミディアムなローストが特徴です。

3. 必要な分だけ豆を挽く

挽いてあるコーヒー豆を買えば、朝の時間短縮にはなりますが、挽いたコーヒー豆は空気に触れている間に味が落ちてしまい、淹れた時の風味が悪くなってしまいます。そのため、新鮮でおいしいコーヒーをできるだけ長く保つためには、豆を密閉容器に入れて保存する必要があります。

豆を挽くのであれば、適切な種類のグラインダーに投資することが肝心です。理想的なグラインダーは、ブレードグラインダーよりも効率的で安定していますが、均一にフレーバーを取り除いてくれるので、より良い味を出すことができます。

4. エスプレッソメーカーの代替品を使う

エスプレッソを淹れるには、最も優れたエスプレッソメーカーを活用しましょう。エスプレッソ マシンに似ている、水、コーヒーかすをドライブする圧力を採用します。本物に非常に近い味の飲み物を生成します。

自宅でエスプレッソを淹れるときは、マグカップにエスプレッソを注ぎ、許容範囲内のコーヒー粉とお湯を入れます。その後、10秒ほどお湯を混ぜてから、プランジャーで慎重にフィルターを通過させてマグカップに入れます。

5. 材料を正確に測るためにスケールを使う

伝統的なカップを作るには、材料を正確に計算する必要があります。材料の量が多すぎたり少なすぎたりすると、コーヒーの品質に影響します。完璧なコーヒーを飲むには、水に大さじ1~2杯のコーヒーを挽いたものを使います。好みに応じて、パワフルなものやライトなものを作ることができます。濃いめのコーヒーは大さじ2杯、薄めのコーヒーは大さじ1杯でOKです。

6.ちょうどいい温度にする

美味しいコーヒーを淹れるためには、どのくらいの温度が必要なのでしょうか。205度以上の温度を推奨しています。コーヒーメーカーによっては、温度を調整することで実現できる場合もあります。お使いのコーヒーメーカーにその機能がない場合は、温度計を使って、コーヒー豆を入れる水が適切な温度であることを確認してください。

最後に、新鮮さの重要性はいくら強調してもし過ぎることはありません。豆が殻の上に置かれている時間が長いほど、味に影響を与える「揮発性」のガス状有機化合物が逃げていきます。カフェで購入するコーヒーはほとんどが焙煎したてで、ローストの風味から4週間以上経過していることはほとんどありません。原則として、新鮮なものを買って、すぐに使うようにしましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました