Generic selectors
完全一致のみ
タイトルで検索
説明で探す
カテゴリーで絞り込む
スポーツ
テクノロジー
ブログ
健康
学び・仕事
恋愛
美容・ファッション
食べ物

AppleのVRヘッドセットではメタバースは「立ち入り禁止」であると主張

AppleのVR・ARヘッドセットは長時間の使用を想定しておらず、同社はいわゆる「メタバース」のビジョンから逸脱し、短時間の体験を重視していると伝えられています。

複合現実感ヘッドセットは、ゲームやエンターテインメントから仕事や教育まで、あらゆるものを扱う、コンピューティングの次の大きな出来事として注目されています。
しかし、一部のテック企業がユーザーがヘッドセットで長時間過ごせるようにする方向に傾いているのに対し、Appleは逆の方向に進んでいると言われています。

Appleはメタバースについて考えたことがあるが、それを避けようとしているという。
「かなり直接的に、ユーザーが逃げ込める完全な仮想世界のアイデア – Meta Platforms/Facebookの未来像でできるような – は、Appleから制限されていると言われた」と書いています。

アップルは、このヘッドセットを「一日中使うデバイス」としてではなく、より小さな「瞬間的」な使用にするつもりです。

現在の推測では、Appleは2022年末までに最初のヘッドセットの発売を準備しているが、その数量は非常に限られている。AirPods Max風のパッドを備えた湾曲したバイザーや、Apple Watchのスポーツバンドのデザインに似たバンドが採用されるとみられています。

また、軽量な素材を使用し、ハイエンドなアプリケーションや開発のためにM1レベルの処理システムを搭載し、セスンサー・トラッキングを処理するために2次プロセッサを使用すると考えられている。これらのセンサーには、コントローラーなしでユーザーの手を追跡するためのLiDARシステムが含まれる可能性がありますが、より正確な制御のためにコントローラーを使用することも可能です。

価格の噂は12万円から36万円の間です。

タイトルとURLをコピーしました