Generic selectors
完全一致のみ
タイトルで検索
説明で探す
カテゴリーで絞り込む
スポーツ
テクノロジー
ブログ
健康
学び・仕事
恋愛
美容・ファッション
食べ物

がんのリスクを減らすための6つの方法!

がんは、ますます多くの人々にとって現実のものとなっています。診断率が空前の勢いで急増している今、発症のリスクを減らす方法を知ることがこれまで以上に重要になっています。

がんの診断と死亡のうち50%は、事前の知識と理解があれば防ぐことができます。世界の主要な死因の1つであるがんと診断されるのを防ぐための、便利な方法をご紹介します。

1. たばこを避ける

タバコは、タバコの葉から作られる植物性の製品です。タバコにはニコチンが含まれています。ニコチンは、伝統的なタバコに含まれる依存性の高い精神活性物質で、定期的に摂取すると中枢神経系の働きを活発にします。世界で最も広く消費されている物質の一つであり、肺がん、大腸がん、乳がん、子宮頸がん、膀胱がん、咽頭がん、口内がん、食道がんなど多くのがんの主要な原因となっています。

何十年もタバコを吸っている人でも、その習慣をなくせば、がんになるリスクはかなり低くなります。また、副流煙に長期間さらされている人は、呼吸器系の疾患や肺がんを発症するリスクがあります。禁煙に遅すぎるということはありません。ニコチン置換療法、体を動かすこと、ガムを噛むことなどが禁煙の有効な方法です。

2. 日光から肌を守る

太陽の光は肌に心地よく、健康的な輝きを与えてくれますが、事前に対策をしておかないと、様々な健康上の問題を引き起こす可能性があります。日光浴は、成人の皮膚がんの主要な原因の1つです。また、最も予防可能ながんの一つでもあります。紫外線から肌を守る方法を知っていれば、年齢を重ねても、がんのリスクを減らすことができます。

曇りの日に外に出る場合でも、適切なサンプロテクションファクターの日焼け止めを塗る必要があります。肌のタイプや色にもよりますが、多くの皮膚科医は、日常生活では最低でも30を推奨しています。

太陽の光は厚い雲を突き抜け、地上でも高いレベルの紫外線を発生させます。SPFを毎日の生活に取り入れることで、肌を保護するだけでなく、基底細胞がん、扁平上皮がん、メラノーマの3つの主要な皮膚がんの発生を防ぐことができます。また、定期的にがん検診を受けることで、がん化する可能性のある異常なほくろやしこりを発見することができます。年に一度、がん検診を受けることで、将来の自分を管理することができ、致命的な影響を与える紫外線から肌を守ることができるのです。

3. 健康的な食生活を心がける

自分の体は、自分が食べたものでできています。健康的な食生活を送り、日々の生活に必要な栄養素を体に供給することで、いくつかの悪性腫瘍の発症リスクを下げることができます。例えば、果物、野菜、豆類、全粒粉、油性の魚などを多く含む食事は、免疫力を高め、がんの発症を予防します。また、赤身の肉や加工肉、人工的な糖分を多く含む食品の摂取を控えることで、不健康な食生活による影響や、胃がんの発症から身を守ることができます。

また、さまざまな栄養学者が、いくつかの食品には、がんの発生を食い止めたり、そもそもがんになるのを防いだりする効果があると考えています。にんにく、ブロッコリー、ベリー類、にんじんなどです。

これらの食品を食生活に取り入れることで、より健康的なライフスタイルを送ることができ、長期的には健康を害するリスクを減らすことができます。また、肝臓がん、大腸がん、乳がんなどのリスクを軽減するために、アルコールの摂取量を抑えることも大切です。

4. 定期的に運動する

健康的な食事だけでなく、定期的な運動もがんのリスクを軽減します。両者を組み合わせることで、着実に体重を減らし、免疫力を高めることができます。1日30分以上の軽い、または激しい運動をすることで、今後の健康全般に良い影響を与えることができます。運動不足と肥満は、乳がんや大腸がんの発症につながると長年言われています。また、体重過多と肺がんや膵臓がんとの関連性を示唆する証拠もあります。

毎日の生活に運動を取り入れることで、ストレスを軽減し、エネルギーを高め、自分のサイズに合った健康的な体重を維持することができます。その結果、時間の経過とともにがんのリスクが低下します。最近の研究では、活動的なライフスタイルと最大13種類のがんのリスクが20%低下することとの関連性も指摘されています。その種類は、大腸がん、乳がん、食道がん、子宮内膜がん、腎臓がん、肝臓がん、肺がん、胃がん、頭頸部がん、直腸がん、膀胱がんです。

5. 定期的ながん検診の受診

50歳以上の方は、定期的にがん検診を受ける必要があります。がん検診は、いくつかの早期警告サインを見つけ出し、がん細胞がそれ以上進行するのを防ぐことができます。がんの症状を早期に発見することで、適切な治療計画を立て、病気の成長や変異を防ぐことができます。

医師ががん検診をすすめたとしても、それは必ずしも自分ががんであると考えているわけではありません。がん検診は、重要な症状を事前に発見するための予防措置として行われます。がん検診には、身体検査、臨床検査、画像診断、遺伝子検査など、さまざまな種類があります。

身体検査では、一般的な健康状態を確認するために身体を調べ、異常な症状や異常がないかどうかを確認します。また、健康習慣や過去の病歴などを総合的に分析します。臨床検査は、血液、組織、尿などのサンプルを検査する医療処置の名称です。最後に、画像検査では体内の画像を撮影し、遺伝子検査では細胞や組織内の遺伝子や染色体の変化を調べます。

6. 環境因子への暴露を制限する

多くの有害な環境因子に長期間さらされると、細胞や遺伝子が突然変異し、正常な機能に影響を及ぼすことがあります。その結果、時間の経過とともに、がんが発生する可能性があります。このような環境要因は、タバコの吸い過ぎや強い紫外線の継続的な照射によっても発生する可能性があります。

これらの環境要因は避けることができますが、その他の環境要因は避けることが困難です。例えば、私たちが日常的に口にしている食べ物、飲んでいる水、吸っている空気、浴びている物質は、がんの発症につながる可能性のある有害な化学物質や物質にさらされています。どのような暴露を避けるべきかをよく理解することで、長期的にはがんのリスクを低減することができます。人の健康に影響を与える可能性の高い有害物質としては、アフラトキシン、ヒ素、アスベスト、カドミウム、ホルムアルデヒド、ラドン、ニッケル化合物、木粉などが挙げられます。

一生のうちにがんと診断される人の割合は約40%で、その数は驚くべき速さで増加しており、リスクを下げる方法を見つけることはこれまで以上に重要です。そのためには、可能な限りタバコを避け、太陽から肌を守り、健康的な食生活を送り、定期的に運動をし、定期的にがん検診を受け、環境因子への暴露を抑える必要があります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました