Generic selectors
完全一致のみ
タイトルで検索
説明で探す
カテゴリーで絞り込む
スポーツ
テクノロジー
ブログ
健康
学び・仕事
恋愛
美容・ファッション
食べ物

ジムでトレーニング後の筋肉痛を和らげる方法

トレーニングを始めたばかりの頃は、週に2〜3回の筋力トレーニングを行うことが推奨されています。しかし、初心者であっても、すでに何年もトレーニングを続けている人であっても、筋肉痛と無縁の人はいません。

筋トレ後に痛みを感じることは珍しいことではありませんが、その痛みを何日も我慢する必要もありません。筋肉の痛みがひどく、生活に支障をきたすような場合は、オステオパシーを検討してみてはいかがでしょうか。

しかし、筋力トレーニングの後の筋肉痛に疲れてしまったという方のために、トレーニング後の筋肉痛を和らげる方法をご紹介します。

体を動かすのをやめない

長時間の運動の後、最初に思いつくのは、ソファに寝転がってお気に入りの番組を見たいということかもしれません。筋肉にとって休息は非常に重要ですが、すぐに動くのをやめてしまうのはやめましょう。

翌日か翌々日に軽い活動を続けた方が、筋肉の状態は良くなります。ゆっくりと散歩したり、泳いだり、自転車に乗ったりしてみましょう。

筋肉を回復させる

休息が重要であることは説明しましたが、どのように休むかが重要です。筋トレは週に2~3回が目安なので、以下のようなサイクルで行うようにしましょう。

トレーニング
軽い運動
休息

このパターンでは、体を調整してエネルギーを補給する時間を確保し、次の激しいトレーニングに備えることができます。休息と回復は、痛んだ筋肉を修復するチャンスとなります。そうすることで、筋肉はより強くなり、トレーニングを続けることで、筋肉の耐久性が高まり、痛みをあまり感じなくなります。

マッサージを受ける

筋肉の痛みを自分で癒すことができない場合は、マッサージを受けるのもよいでしょう。恋人にマッサージをしてもらうのもいいですし、プロのマッサージを受けるのもいいです。痛みを和らげると同時に、筋肉の血流を良くする素晴らしい方法です。また、マッサージは関節の動きを良くし、可動域を広げてくれるので、トレーニングにも効果的です。

抗炎症剤の使用

通常、運動後に筋肉が痛むのは、炎症が起きているからです。ありがたいことに、市販の薬やクリーム、軟膏は、その腫れを和らげ、安心感を与えてくれます。炎症を抑えて筋肉をリラックスさせるために、オイルのような代替品を利用する人もいます。自分に合った製品を見つけるために、試してみることを恐れないでください。

炎症を抑えるために何らかの製品を使用する場合は、成分とその効果をよく理解してから使用してください。通常、天然成分を使用した製品を選ぶ方が、副作用のリスクが低い傾向にあります。

運動後に筋肉痛になると、モチベーションが下がってしまうので、できるだけ早く解消することが大切です。筋肉痛になるということは、変化が起きているということであり、実際に体に良いことをしているということです。 今回ご紹介した方法で、筋肉痛を和らげて、継続できる健康的な筋トレを見つけてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました